ドイツ語を少しだけ大学の専攻で学んでいたことがあったけれど、本格的に勉強したいとお考えの方や、ドイツ語検定を取得したいとお考えの方も少なくないことでしょう。しかし、書店などに行っても、ドイツ語の教材は、英語に比べると断然少ないのが現状です。選択肢が少ない中で何を参考にしたらいいのか、どれが一番良い参考書なのかわからないかもしれませんね。そんなあなたに、おすすめ出来る教材をご紹介したいと思います。初級から学ぶのであれば、簡単な対話や単語が集まった書籍で、さらに、聞き取りや発音もしっかり出来るように、CDが付いているような参考書を購入するといいでしょう。最初から、いきなり文法まで学ぼうとすると、難しくて頭に入らず、挫折してしまうことにもなりかねません。しかも、複数の参考書を一度に購入してしまうと、何が何だかわからずに、どれも中途半端になってしまって、購入した参考書を無駄にしてしまうことになります。書店でいくつか目星をつけて、自分がわかりやすいと思った物をまずは一冊購入してください。数ある教材の中でもおすすめの物は、「ELEドイツ語マイスター」です。なかなかドイツ語を覚えることが出来なくて悩んでいた方が、この教材を使い始めて1ヶ月ほどで、日常会話程度のドイツ語を習得することが出来たと言われている教材です。やはり、母国語以外の言葉を習得するのに必要なのは、聞き取りと発音です。言葉を聞き取ることが出来なければ、相手がいっていることがわかりません。それに、発音が出来ないと自分の意思を伝えられませんから、会話にならないでしょう。この教材は聞き取ることと発音することに重点を置いているので、ドイツ語初心者の方でも簡単に、ドイツ語の勉強に取り組めますー